トッププロフィール写真 カメラ彫刻 立体ブログリンクメール

ハンドルネーム 

性別 年齢

趣味・特技

 

好き漫画

好き飲食

 

HP制作環境

龍呑(ロンドン)

男  30代

写真  彫刻  フィギュア原型制作(休止中)
サックス(2006年 9月開始) バドミントン
読書  漫画  美食

代紋TAKE2  島耕作シリーズ   沈黙の艦隊
スラムダンク  リアル  太陽の黙示録  など

ビール  カクテル  ウィスキー(最近)
寿司  

自作PC  ペンティアム4 3.0G   メモリ512M
photoshop  dreamweaverMX  flashMX

 
書斎

 2007年4月に引っ越してから、結婚以来はじめて自分の部屋が持てた。ずっとほしかったが、けっこう早く持つことができた。試行錯誤の上、5月末に今の形に落ち着いた。

 まず1枚目の写真のように、6畳弱しかない部屋を3分の1ほど区切った。下には床材のシートをひいて、壁にはビニールを貼って、テープで目張りして全く隙間がないようにした。これは土粘土で制作をするために、必要である。土粘土はかなり細かい粒子が飛んで、床など部屋一帯が黄砂が飛んだ車のボディーみたいになるために、その防止策である。

 スペース的には畳2畳もないが、小さな作品であれば制作可能である。ただ石膏取りはベランダか、玄関前(角部屋なので、かなりスペースがある)でやるつもり。部屋で仕事の合間などに、ちょっと制作できるのはかなりうれしい。というか、最高である。

 2枚目の写真は部屋全体を写したもの。窓側が制作スペースになっている。机は大学1年のときにホームセンターで買ったもので、もう10年くらい使っている。1万数千円の安物だったが、丈夫で、かなりよかった。しかしあと数年したら、もっといい机がほしいな・・・。椅子は机と一緒に買ったものが昨年壊れたため、まだ買ってから1年も経っていない。家での生活の大半はこの椅子に座っていることになる。ちなみに制作はパイプ椅子を使っている。

 パソコンは右のディスプレイの方が上のプロフィールにのっているスペックのものだ。こっちは主にネット、メール、HP作成、音楽鑑賞、DVD鑑賞、写真の管理など私用に使っている。左のものは何とかXPが動く程度のもの。あまりパワーはないが、主に仕事での文書作成、個人情報管理に使っている。こちらはネットにつないでないので、ウィルスなどで情報が流出する心配はない。

 だいたい部屋にいるときは机で仕事や読書、ネット、制作が主である。実は左のディスプレイはコードを電源ともにかなり延長しているので、机の横の本棚の上まで伸びる。伸ばして何をするのかといえば、制作する上で、モデルをしてもらった場合、写真を撮らせてもらう。全角度、アップなどの写真をパソコンに入れて、本棚の上に伸ばしたディスプレイで見ながら制作できるのだ。もちろんマウスもそこまで伸ばすことができる。以前は印刷して目の前のコルクボードに貼ってみていたのだが、スペースも少なく見づらかった。ディスプレイであれば綺麗に、簡単に様々な角度を見ることができる。

 また部屋では紅茶や緑茶をポットで入れて、本を読みながらゆっくりお茶を飲むのがお気に入りだ。

 
   

 この3枚目の写真は制作準備が整ったところ。心棒も組んであとは楽しい粘土つけを始めるだけだ。机の下にだいたい粘土のバケツを置いている。机の中のオレンジ色の箱にはヘラなど制作の道具が入っている。誰にも邪魔されずにゆっくり音楽を聞きながら制作。かなり満足のいく書斎に出来上がったと思う。

 さらに付け加えるならば、サックスも部屋で練習できるようにした。e-saxという消音機を買ったのだ。ちょっと吹きにくい面もあるが、深夜でなければ部屋でサックスの練習ができるのは魅力的。いまYAMAHAのネットレッスンを申し込もうかと思っている。部屋でふけるので、ネットのレッスンも可能なのだ。ちなみに月に2000円でいつでも好きなときに見ることができるという、とてもお手ごろな価格になっている。

 ではまたこれからこの新書斎から、ちょっとずつ発信していこう。

 
Copyrightc 2006〜.[rondon atelier] All Rights Reserved.